2015/08/15

ライン 既読 無視のススメ

 
ライン


こんにちは

Yukaです。

今や私たちの生活に欠かせなくなったSNSやメールですが

とっても便利なツールなので、私もかなり利用しています。

ですが、一方でトラブルのもとになってる場合もあるようです。

本日は、その中でも

既読無視、キスル、メールを送信してるのに返信がないなど

そんな時に、どのように対処したら良いか?考えたら良いか?についてお伝えします。

ラインは、スタンプや通話が出来てとても便利、しかも無料。

私もラインを使っています。

個人的には、40歳オーバーなので・・文字を入力する時に

「幅が狭くて入力しにくいなー。

送信する前に、読み返して見直しするのが非常に見にくいな・・ってのが」

って言うのは正直思っています。

 

ですが、スタンプもあって感情表現がしやすいし、通話は無料だし

そもそもインストールが無料だし

「こんな便利なものようできたな!」

と、感じています。

ひと昔前は、連絡先交換は電話番号オンリーだったし、しかも携帯なんてなかったですから

お付き合いしてる相手に連絡を取ろうと思ったら、

電話に親が出るドキドキ を私たちは味わっていました。

私たちは、今、良い時代を迎えてますよね。

ラインが既読なのに無視される、返事が帰ってこない

既読(メッセージをすでに読んでいる状態)なのに返事がなかなか帰ってこない

そんな悩みがあるようです。

なかなか返事をくれない要素はこんな場合があると思われます。

  • 返事したつもりで電波状態などで完了してなかった
  • 仕事などで本気で忙しくて返信できない
  • 後で返事しようと思っていてうっかり忘れてた
  • 文字を入力したり書いたりするのがそもそも面倒
  • 返答のしようのない内容のメッセージだから、どうしたらいいか不明
  • そもそも私に興味がない。返事したくない。

上記が、あてはまるか?といえばそうではない場合も大いにあります。

なぜなら、理由は100人居れば、100通りだからです。

一番良くないのは

妄想に妄想を重ね、感情的になり

怒りや悲しみの感情のまま、メッセージを再送しまくったり

なんで返事くれないのよっっ

って相手の事情も聞かずに責めてしまう事です。

既読無視スルーの解決法

じゃどないすんねん?!ってとこですが、答えはシンプルです。

「直に相手に聞く」

これが、一番早い解決方法です。

それか、もしくは

「気に留めない」って事です。

私たちの価値観と常識、基準は、それぞれが全く違います。

一人として同じ価値観の人は存在しません。

  • メッセージを読んだらすぐ返事するのが当たり前

って基準の人も居れば

  • 後でまとめて返信してるの

って感覚の人もいれば

  • 今度直接会った時に伝えればいいや

って思ってる人も存在します。

そして、一番大切な事

全てはオファー(依頼)です。

私たちは、メッセージを送ったら、読んでもらうのが当たり前だと思いがちですが

読むのだって相手の時間を奪ってるんです。

スマホが「ピロっん」 って鳴って、手にとってもらうのだって、相手の大切な時間を中断させています。

確かに、携帯電話をかける場合よりは、中断させてしまうと言う点で迷惑がかりません。

ですが、メッセージを送る時点で既にその行為は

オファーである。

つまりメッセージ読んでちょうだいね〜と言う依頼なんです。

なので、読むか読まないか

それは相手が決める事であって私たちに選択権はありません。

また、返信が必ずあって当たり前基準は、自分の中にある私だけの都合なんです。

相手が返信するかどうか?どう思うかどうか?

それは相手の課題であって操作はできない、自分自身の課題ではない。

ちなみにこの考え方を

心理学者のアルフレッドアドラー

「課題の分離」と呼んでいます。

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler、ドイツ語発音: [alfreːt aːdlɐ]アルフレート・アードラー)、1870年2月7日1937年5月28日)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。ウキペディアより

ラインなどの既読無視のススメについて

実は、私もメッセージを送信したのに、返事がなくて、ドキマギした経験があります。

「どうしたんだろう?体調でも崩したかな?」

「何かに怒ってるのかな?」

「メッセージの言い方悪かったかしら?」

そんな風に妄想したことがあります。

でも、その時は、相手に尋ねることが勇気がなかったこともありますし

また、気軽に尋ねてみて、

「メッセージ返信してないんだから嫌がってるのわかんないの?!」

って怒られたこともあります。

また、逆に

「ごめんごめん、送信したつもりだったんだけど、完了してなかった」

って両方の経験があります。

ただ、なんでもそうなんですが、信頼関係がちゃんと構築できていたら

メッセージの返信がないとかあるとかだけで、ただそれだけの事で

人間関係が壊れてしまわないって事なんですよ。

信用と信頼は違います。

信用とは、条件があっての信じる事。例えば銀行でお金を借りる事が出来るのは、信用があるからです。

でも、一方で信頼は無条件。

私たち自身をなんの条件もなくありのままで信頼できる事 

なんです。

既読スルーのススメってちょっと刺激的な題名ですが

私がここで伝えたいのは

ラインのメッセージの返信があるないとかで、便利に使うべきのSNSなどで

信頼関係を壊さないでいてほしい。またそんな信頼関係を構築できてる友が居ればステキだな。

そう想っているんです。

 

今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました!

⇧ブログ読者の皆さんに、読んでくださいってオファーを花井がして、読んでくださったお礼です。ありがとうございます。

じゃ、また!


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です