やる気のない部下やスタッフをやる気にさせる方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「女性の家庭と仕事の両立を応援します!」 ライフコーチの花井由加です。 私のブログに訪問いただきありがとうございます。 このブログでは、私の今までの体験や日々の出来事学びのシェア、コーチング、心理学を通じて思ったこと感じたことを発信してきます。
どうぞよろしくお願いします。⇨もっと詳しいプロフィールはこちら

花井由加


こんにちは

Yukaです。

やる気のない部下、全然仕事しないスタッフ、サボってばかりの社員・・・

全く・・使えないなあ〜って場合ありますよね?

本当に困ったもんです。

本日は、そんなスタッフをやる気にさせる方法についてお伝えします。

子供が勉強しなくて困っているママさんたちなどにも共通する考え方なので、読んでもらえれば嬉しいです。

部下やスタッフをやる気にさせる方法は?

ここで、まず最初に答えを言ってしまいます。

んーーーでも、えーんかなこれ、言っちゃってええのかなこれ・・

どうしようっかな。

・・・・・・・・・・・・・・。

 

だって元も子もない話だから(笑)

でも、言っちゃいますね。

 

実は、部下やスタッフにやる気を出させよう、出させようって思うほど

もっとしっかり働いてほしい、ほしいって思うほど

ちゃんと働けよこのバカって思えば思うほど

部下たちはやる気を失い、私たちの見ていないところでサボります。

なぜなら、

基本的に人は誰かに操作されるのかキライだからです。

「勉強しなさい!勉強しなさい!」って繰り返し言われれば言われるほど

子供は勉強しなくなります。

「サボるな!しっかりやってよ!時間内にどうして終わらないないの?

全然出来ていないじゃない。こんなやり方ダメ。仕事が遅い。もっと早くしてよ」

「どーーーしてもっとやる気をもってガツガツ仕事出来ないの?」

「私はこんなに一生懸命働いてるのに!」

って言えば言うほど、思えば思うほど

部下はやる気を失い、疲弊して、なにより仕事を楽しくできません。

うっとうしいなあーこの上司ってなります。

現状を見れば、逆効果なのは一目瞭然です。

じゃ、一体どうすれば部下やスタッフは、やる気を出して仕事してくれるの?

答えは、とてもシンプルです。

私自身が部下より応援したくてたまらない上司になること

です。

仕事を心から楽しみ

仕事を心から愛して

楽しそうにしてる上司。

なんだか楽しそうだなこの上司、こんな人間になりたい。

この上司にもっと昇進してもらったり、喜んでもらいたいから

仕事頑張ろう、もっと営業成績あげたいなって思ってしまうような上司になることです。

 

また、もうひとつ

例えば化粧品を売ってる会社だとします。

その化粧品を使えば、効果は抜群、アンチエンジングもバッチリ、お客さまの声もとても好評

商品も売れている。

だけど、いまいちチームワークが悪く、スタッフのやる気がないとします。

どうして、スタッフが楽しそうに仕事出来ないのか?

それは、本当に喜んでもらっているかどうかスタッフが体感していなから。

お客さまの生の声を知らないからです。

ネット上では、口コミや評価などで、何かしら読んでいるかもしれません。

だけど、体感できていないと、感じ取ることが出来ない場合があるんです。

私たちは、現在、たくさんの過剰な情報の中に埋もれていて感覚が鈍っています。

ネット上だと、あまりリアリティーが感じられないのです。

 

私たちは、みんな人の役に立ちたいと根元では思っています。

 

なので、人の役に立てたときすごく喜びを感じます。

また、その感情を感じたいって思います。

お客さまの生の声などで、直接お礼を言われたり

ビフォーアフターですごく変化があった報告を体感することが出来たら

「私の仕事ってすごく人の役に立つんだ、この仕事おもしろい!」

って実感を持つと、おのずとやる気が、ふつふつと湧いてきます。

最終的には、部下の立場に立つこと

部下がやる気をもって仕事をするのか?しないのかは?

実は、部下の課題であって上司の課題ではありません。

子供が勉強しなくて困るのは、子供の課題であって親の課題ではありません。

それは、部下や子供を、放置してほったらかしにするのとは、また違います。

これは、相手の課題であって、自分の課題ではない

ということを前提におきながら対応するということです。

自分の課題にしてしまうと、怒りや、残念な気持ちが湧いてきて、感情的に対応してしまいかねないので

そういう前提を持った方が、対応がうまくいくのです。

簡単な方法は、

部下に自分がなったつもりで感じる事、考える事です。

 

どんな言葉をかけてもらったらやる気が出るか?

どんな上司だったら応援してしたくてたまらなくなるのか?

どうやったら、お客さまの喜びの生の声をリアルに体感できるのか?

どんなチームだったら?どんな職場環境だったら?どんなメンバーだったら?

ひたすら考えて、ほんの小さな事からやってみる。

昨日と違う事をしたら、現実は必ず変わって行きます。

 

今日はこの辺で!

最後までお読みいただきありがとうございました。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です