2015/10/19

【人生損してますよ】カウンセリングとかコーチングとか興味ないなんて

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「女性の家庭と仕事の両立を応援します!」 ライフコーチの花井由加です。 私のブログに訪問いただきありがとうございます。 このブログでは、私の今までの体験や日々の出来事学びのシェア、コーチング、心理学を通じて思ったこと感じたことを発信してきます。
どうぞよろしくお願いします。⇨もっと詳しいプロフィールはこちら

花井由加


こんにちは

Yukaです。

今日はSEO対策完全無視で、世の中のみなさんに知って欲しい事を書きます。

カウンセリングやコーチングを知らない方にとっては、人の話を聞いておカネをいただく私たちの仕事って

「詐欺なんじゃねえ?」

と、思ってらっしゃるかもしれないので、

そこんとこを、私のカウンセリング実体験を交えながらお伝えしていきます。

何かに迷っている方も、もっと幸せになりたい、楽しく暮らしたい!

私の人生こんなもんじゃない、オレは結婚したいんだ!って方にも

ヒントになる内容なので、読んでくだされば嬉しいです。

スポンサーリンク

 

カウンセリングやコーチングは、まだまだ日本で認知されていない

今でこそ、企業向けの経営コンサルタントと言う仕事は認知されてますが

数年前まで、コンサルタントって仕事は、一般的でなく、あやしいと思われていました。

物を売らず、情報や知識を提供される事、すなわち目に見えないものを買うのは、

私たちは、とても抵抗があります。

人は痛みを避けて、快楽を求めます。

また、私たちは、痛みを避ける思いのが強いので、

痛み=おカネを支払う

と、いう行為はとても勇気のいる事なんです。

カウンセリングやコーチングに対しても同じ事が言えて、今の日本ではまだまだ認知が行きわたっていません。

心理カウンセラーって何してる人?心理カウンセリングって何?

カウンセラーやコーチになるには、民間の養成学校が提供している資格は沢山存在しますが

お医者さんのように、正式な国家資格が存在しません。

スクールカウンセラーなどで、一般的に認知されていると思われる資格は

臨床心理士です。

これも、公益財団法人・臨床心理士資格認定協会が認定している資格です。

臨床心理士は、心の問題に取り組む“心理専門職”の証となる資格です。

「臨床心理士」とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。

また受験資格に関しては

●指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
●医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者  など

(公益財団法人・臨床心理士資格認定協会ホームページより抜粋)

今、現在、心理的な援助をする人に対して、国家資格化する動きがあるようですが

まだ、途中のようです。

また、のちほど紹介しますが、私は民間のカウンセラー養成スクールで、心理カウンセラー資格を取得しました。

ぶっちゃけ言うとですね、世の中に、まれに存在するエセコンサルタントと同じで

「私、心理カウンセラーです。」と名乗れば誰でも出来ちゃうわけですよ。

(何もないのにそんな事言う人はいないと思いますが)

ただ、現実的に、資格を沢山もってるから、成果に繋がりやすいカウンセラーなのか?

臨床心理士資格を持っているから良いカウンセリングが提供出来るのか?

資格をあまり持ってないから悪いカウンセラーなのか?

といえば、それは別問題だと、私は認識しています。

もちろん、臨床心理士資格を有している方は信頼度が高いです。

でも、私が最初の方に学んだ大手心理学スクールの代表も、

子育て中の悩みに落ちてる私を救ってくれた、おばあちゃん心理カウンセラーの方も、

臨床心理士の資格を有していませんが

講演会や心理カウンセラーとして、全国飛び回っており、また多くの人に影響を与え大活躍してるからです。

 

一般的な定義でカウンセリングとは、

ちょっと落ち込んでる人、ココロの病気の人を、普通の状態にもどしていくお手伝いをする事だとされています。

依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである

(ウキペディアより)

ですが、私たちの仲間のカウンセラーは、こう考えています。

ココロの病気になってしまう前に、とことん落ち込んでしまう前に

風邪をひいたら病院に行くように、薬局で薬を買うように

虫歯になるのを予防するために歯を磨くように、

欧米でお抱えのカウンセラーがいる事がステイタスシンボルであり、当たり前な事であるように

日本でも、カウンセリングを受けてココロのメンテナンスをする習慣をつけてほしい。

そう願って活動しています。

とことん落ち込んでしまってからでは、元気にもどるのに、時間もおカネも沢山かかってしまいます。

コーチって何してる人?コーチングって何?

一方、コーチングとは何でしょうか?

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である(ウキペディアより)

一般論ですが、

カウンセリングが、落ち込んでいる人を通常の状態に戻すのに対し

コーチングは、クライアントさんの本当にやりたい事、成し遂げたい事を見つけ出し

その目的や目標に向かっていく手助けをする。

つまり、通常の状態よりもう一歩ステップアップするお手伝いをするイメージです。

コーチングにも民間の養成スクールは沢山存在します。

そして、日本に入ってきたのは、ほんの20年ほど前なので、歴史も浅く認知度も低いです。

また、スクールによって、コンテンツも目的も、手法もバラバラなので、ここは私にマッチする

コーチやスクールを試してみるしかないです。

私自身もそうですが、自分にあったスクールやコーチを探すのに、何度もトライ&エラーしました。

 

私たちが定義するコーチングは

「クライアントさんは、ヒーローであり、最初のセッションは、ヒーローインタビューです。

そして、コーチは、クライアントさんの夢の第1番目の信者です」

夢と言っても、大きい小さいは関係ありませんし、そもそも大小は存在しません。

ある人は

結婚して家庭を持ちたい。主婦として旦那さんを支えたい。ちょっとだけ働きたい。

海外に住みたい。田舎暮らしをしてのんびりしたい。

彼女がほしい。サラリーマンをして出世したい。起業したい。などなど

幸せの定義は人によって、まちまちであり、違っていいんです。

そして、多くの人が夢をかなえられない理由は、

大きいものが夢でないといけないと勘違いしていて

私自身が本当にやりたい事、成し遂げたい事に出逢っていないだけです。

例を言えば、

「結婚したいしたいしたい」と言いながら、よくよく聞いてみると老後の不安だけであって本音は望んでいなかったり

結婚しないと幸せになれない、この歳で結婚していないのは恥ずかしい、親にもせかされる

そんな思い込みだけで、結婚したいではなく、結婚しなければならないと思い込み

結局は、なんだかんだ理由を付けて、諦めてしまったりします。

 

だけど、コーチングを受けてみればわかりますが

今、私が願っている事が、夢だと思っていることが、本当に自分のやりたい事ではない事にすぐ気がついたり

先送りにしていた、ダイエットに楽に成功したり、不思議な感覚になります。

それでも、何かをしてる途中でくじけてしまったり、達成に時間がかかってしまうことだってあります。

諦めてしまうことだってあります。

 

コーチングを受けると、そこを質問や臨場感でもって体感するので、達成が加速するんです。

勇気付けてくれるので、へこたれても、再び起き上がることが簡単になります。

ただ、行動するのは私自身なので、コーチが代わりにやってくれるわけではありません。

厳しいようですが、コーチの言う通りにやれば、成果が出るんでしょ?あんたがやってくれるんでしょ?

って方は前に進みにくいです。

課題を解決するのは私たち自身です。目標にむかって行動するのも私たち自身です。

私自身の問題を解決するチカラは私たち自身の中に必ず存在します。そして見つけ出す事が出来ます。

そしてまた、とっても大切な事

私たち全ての人たちは、

知っている事は、ほんの一部分にすぎず、知らない事だらけ

です。

大事な事なのでもう一度言いますよ。

私たちは知らない事だらけです。

出来事は私のフィルターを通して見ている私だけの認識にすぎません。

お隣の人は、同じ出来事でも違った認識を持っています。

それを知っている事だけでも、随分と違ったアンテナが立ち、何かが変化していきます。

真理はひとつです

私は、人生をより楽しくする方法のひとつとして、カウンセリングとコーチングについてお伝えしましたが

別に幸せなる手段なんでなんでもいいんです。

そして、私たちは日本人は、すでに全てを持っています。

真理はひとつです。

  • 宗教を信仰する
  • 学校の先生・恩師とずっと付き合っていく
  • 行きつけの喫茶店のママとの会話
  • 近所の頼り甲斐のあるおばちゃん
  • キャバ嬢に話を聞いてもらう
  • 子供達と触れ合う

などなど、方法はいくらでもあるんです。

どれが良くて悪いなんてないです。

私自身にあった方法で、誰のためでもなく私自身のために生き

周りの人をに幸せをおすそ分けする

それでいいんです。

関西カウンセリングセンターの紹介

私の出身心理カウンセラー養成スクールである、関西カウンセリングセンターの恩師を紹介します。

⇨関西カウンセリングセンター

私の恩師である、 野田 展子 さん(ちょっと昔の写真ですが・・左側が先生です)

今でも、たまにカウンセリングを受けに行きますし、教えて欲しい時は聞きに行きます。

野田先生

 

●野田展子さん プロフィール
臨床心理士。家族相談士。関西カウンセリングセンター認定上級心理臨床カウンセラー。

同センターの「こころの相談室」や大阪市子ども相談センター、

大阪府警被害者カウンセリングのカウンセラーなどで活躍。地元ではママさんたちを応援する子育てサークルも運営。

(関西カウンセリングセンターホームページより抜粋)

野田先生は、性犯罪被害者のカウンセリングも行っています。

ここはプロでないと出来ない領域です。この問題で苦しんでいる沢山の女性がいます。

そんな人たちのために、ここにプロのカウンセラーが存在する事を知って欲しいと思います。

そしてまた、私たちカウンセラーが目指す世界は

カウンセラーの必要のない世の中にすること

です。

それには、まずカウンセラーという仕事を一般的にして、落ちていく人を一人でも少なくして

元気な人はよりいっそう元気になってもらって、周りまで元気にしてしまうほどのパワーを付けてもらう。

カウンセリングマインドを世の中に浸透させる。

それが私たちの本当の役割です。

たまに、バカにされたり、理解されなかったり、何やってるか全然わかんね。と言われたりすることもあります。

だけど、私たちはあきらめません。

 

今日はこの辺で

最後までお読みいただきありがとうございました。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です