私とコーチングとの出会い

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「女性の家庭と仕事の両立を応援します!」 ライフコーチの花井由加です。 私のブログに訪問いただきありがとうございます。 このブログでは、私の今までの体験や日々の出来事学びのシェア、コーチング、心理学を通じて思ったこと感じたことを発信してきます。
どうぞよろしくお願いします。⇨もっと詳しいプロフィールはこちら

花井由加


コーチングとの不思議な出逢い

私とコーチングとの出会いはちょっと不思議です。

今から二年ほど前、2015年の夏

私は当時

女性匿名電話相談サイトの

カウンセラーをしていました。

電話相談と言っても

当時そんなに件数はたくさんなく

集客もサイト側にお任せだったので

自分でビジネス出来るようになりたいな

集客出来るようになりたいな

との想いから

アメブロ集客コンサルタントを

付けたのです。

今となっては

ビジネスとして発信を禁止しているアメブロを

集客ツールとして使う事を

コンサルする

なんて…( ;  ; )

ありえんのですが・・・

(最初の集客のとっかかりとしては使えるツールではある、けど単独使用は危険だと現在は認識しています)

当時は情弱(情報弱者)

素直に教えてもらった通りに

やろうと必死のパッチでした。

ところが

私にとっては、やり方が合わなかったのでしょう。

(良いか悪いかは別として)

なんとなく不信感が生まれ

怒られる事も多かったので

そのアメブロコンサルタントと

ケンカしたんです。

正確に言えば、ケンカ売ったとも言う(笑)

コンサルタントとカウンセラーのケンカ…

お互いコミュニケーションの専門家でありながら

ケンカって

ありえへんし…

しかも

そのコンサルタントはケンカ売ってから

連絡取れなくなっちゃって…。

当時はかなり落ち込み

自分を責めていました。

コーチ、コンサルなんてロクでもないヤローだ。

信頼出来ない職種。

って

思ってたんです。

同時に2人から・・・

そんな時・・・

当時習っていた英語の先生から

「良いコーチがいるけどコーチング受けてみない?」

と言われました。

「いやいやいや。コーチ、コンサルタントはもう

懲り懲りです」

と、即刻お断りしました。

すると、全く別の友人から

「良いコーチがいるのでコーチング受けてみないか?」

と、連絡があり

名前を聞くと同じコーチ。

なんと、同時期に

全く違う人二人から同じコーチを

お勧めされたのです。

私には

わりと偶然を重んじるところがあるので

「これは、受けてみろってことかな?」

と、思い

コーチングを受けてみることにしたんです。

でも、当時は

不信感満載。

コーチングを申し込んで受けておきながら

かなり斜に構えてて

わざと態度悪くしてました。

ぶちぶちぶちぶちぶちぶちぶちぶち、コンサルタントの文句ばっかり

言ってる私の話を

そのコーチは

ちゃんと聞き、耳を傾け

「僕でもそんなことされた不信感いだきますね」

と、嘘偽りない眼差しでさらっと言ったのです。

しかも、その相手を責めることなく

ただただ、

私に共感したのです。

私たちには

本当に思っていない事を相手が言ってるとしたら

潜在意識で嗅ぎとる力があります。

そのコーチの共感力は本物でした。

でも、まだ私はコーチ・コンサルに不信感満載。

そのコーチに

「どんなことしたいのですか?」

って聞かれて

「稼げたら何でもいいです」

と答えてました。

コーチングの最初の宿題は・・

じゃ、今日の宿題です。

コーチは宿題を出しました。

「寝る前に出来た事を思い出して、自分のことを褒めてください」

当時セルフイメージが著しく低かった

私に出された宿題です。

今思うと

ナイスタスク!(宿題)

でしたが、

「自分を褒めることなんて一つもないわ。どないせえっちゅーねん」

と、当時の私は本気で思っていました。

2回目のコーチング

まだ人を信頼出来ない私は

再度、そのコーチのコーチングを受けてみました。

その時感じたのです。

「あれ?この人(コーチ)は私が本当に出来るって信じてる??」

何だろうこの感覚・・・。

そう言われたわけでも何でもないです。

非言語で感じたんです。

「私が本当に出来る」

って本気で信じてくれてるんだな

と。

ここまでが、私と本物のコーチとの出会いでした。

カウンセラーからコーチへ

何度かコーチングを受けているうちに

思いました。

「私もコーチングが出来るようになりたいっ。」

マイコーチにどこで学んだのか?と聞けば

東京赤坂にあるとのこと

東京か・・・・・・

遠いな・・・・・・

通えるかな・・・

お金かかるな・・・

18日間て半年間長いし・・・

と、迷ったのですが

トレーナーの

宮越大樹さんが最後の登壇になるという話を聞き

(現在、アナザーヒストリーがプロコーチ養成部門は引き継いでいます。

これは行かないと!

と思い

9月に速攻決断して、すぐ申し込み

10月から東京へ月に2回通い始めたのです。

それが

花井とコーチングの出逢いです。

コーチとは

心理学に興味の会った私は

コーチングと言うものを

別のコーチから何度か受けたことがありました。

でも、全然ピンとこなかった。

とあるコーチは

「紙に目標書いて。書くことで叶うから」

と、言い

「それで出来ることは何?」

と質問してきました。

・・・・・・・・・。

書くだけじゃ叶わないし(行動しないと)

出来る事が思いつかないからコーチング受けてんですど・・

コーチングに良い印象はありませんでした。

でも、

マイコーチとの出逢いは、私の概念を変えました

いや

人生を変えました。

人を信用出来ない

勇気くじき

になっていた、私を変えたのです。

セルフイメージが著しく低かった

私を変えたのです。

出逢えて良かったと本当に思っています。

ここでマイコーチの山ちゃんを紹介しますね。

山之上雄一さんです。

トップクラスの売れっ子コーチです。

山之上雄一さんのブログはこちら

そしてまた

アナザーヒストリー(前チームフロー)トレーナーの

宮越大樹さん

コーチングが上手すぎる方です。

私は日本版 アンソニーロビンズじゃないかと思っています^^

コーチングや動画で全ての授業を公開しています。

宮越大樹さんがトレーナーのアナザーヒストリーはこちら

 まとめ

何か人生を変える出逢いってなんでも良いと思うんです。

メンターでも
師匠でも
宗教でも
誰か尊敬する人でも
学校の先生でも
友達でも
会社の上司でも

これだって感じる出逢いって

必ずあるはずなんです。

 

私たちは寸分の狂いないタイミングで出逢うべく人に出逢う

 

チャンスもヒントも

全てはご縁で人が運んでくれるのです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です