「集客は集めるのではなく集まる」 関西ビジネスサテライト主催・女性限定ランチ交流会イベントを続けてみて

 

この記事を書いている人 - WRITER -


「女性の家庭と仕事の両立を応援します!」 ライフコーチの花井由加です。 私のブログに訪問いただきありがとうございます。 このブログでは、私の今までの体験や日々の出来事学びのシェア、コーチング、心理学を通じて思ったこと感じたことを発信してきます。
どうぞよろしくお願いします。⇨もっと詳しいプロフィールはこちら

花井由加


集客は集めるのでは集まる

交流会を月に1回、一年間黙々と続けてきたことで

わかったことです。

「集客は集めるのではなく集まる」

今後イベントなど少人数の人を集める方に
参考になると思うので
体験談を交えながら、お伝えしてきますね。

交流会なんて楽しくない!

以前に私は

「異業種交流会というものに行くといいよ」

と聞き、いろんな交流会に行き始めました。

最初は

「自己紹介1分間でーす」

って言われても

何言ってもいいかわかんないし・・・。

もじもじもじもじ・・・・。

そもそも名刺交換だけなんて楽しくない

主催者がすごく対応が悪いのもあったり

主催者側の宣伝のみのところもあったりと

「なんで時間とお金使ってこんなことしなあかんの!」

泣きながら帰ったこともあったんです。

「交流会なんて、ほんましんどいだけ」

と思ってました。

そんな中

主催者も受け付けの方も感じが良い

最初から
「ネットワークや、しつこい勧誘は禁止します」

と説明をしっかりしていた交流会があったのですね。

それが
⇨関西ビジネスサテライトの交流会でした

そこの交流会に何度か参加してみて

会員になった方が金額的にお得だったので会員になったのです。

交流会を主催するようになったきっかけ

交流会を主催するきっかけになったのは

一本の電話

でした。

何度か参加するうちに、関西ビジネスサテライト代表で交流会・主催者の

仲井さんとよく話すようになりました。
(この男性がまたすごく面白いのですがこの件はは別のブログでまた書きます)

この方ですね

間違えないと思いますけど、坂本竜馬ではありません(^^)

今考えると
花井の未熟さをよくわかっていた上での依頼。

仲井さんの目的は花井を成長させることだったのです。

 

電話がかかってきて

仲井さん
交流会を主催してみーへんか?
花井
交流会の主催って何?
仲井さん
交流会の開催の数を増やしたいと思っている。その一部を請け負ってみないか??
花井
エーーーーーーっ?
花井
ウーーーーーン!!

頼まれごとは試されごとやな・・・

花井
なんかよくわかないけどやりますわ
仲井さん
ほなよろしく ^^

交流会主催初日に母が怪我して介護生活が始まる

あの忘れもしない交流会主催の初日

私は緊張感満載でした。

お昼からなのに早起きして、出かける用意をしていました。

すると珍しく朝に母の携帯からの着信

嫌な予感がして出ると

その時すでに認知症が始まっていた
父からでした。

母は

私の交流会主催の初日に
絶対に外せない仕事の時
起業してこれからって時に・・・

脊髄損傷の怪我をしたのです。

その時のことはこちらに書いています
⇨父が娘を忘れた日。認知症の悲しみ

 

交流会は幸い昼からだったので
午前中に病院には行き、
ちょうど大学が休みだった後を息子に任せ
交流会は無事開催することが出来ました。

その日から
私の介護生活は始まりました。

月に1回の交流会だけは続けようと決心する

母は脊髄損傷の怪我をして入院。首から下は動かない
(現在は回復して杖があってゆっくりなら動ける)

父は認知症で一部しか視野がない
1人では暮らせない
(現在は、認知症も進みほぼ盲目になっています)

当時、新しいことがすでに記憶出来なくなっていた父は
母が居ないことが何故かわからず
混乱していました。

夫婦2人で生活していたのですが
どうして母がいないのかわからない
何度説明しても、数分後には、また何度も聞く
そして父は機嫌が悪くなって怒る

そんなことを繰り返していました。

急いで預かってくださる有料老人ホームを探し
ほぼ無理矢理入所してもらいました。

母の入院している病院と
父の施設にほぼ毎日通う日々

様々な手続きに書類
入院中の洗濯物・手術の付き添い

混乱してる父の施設からの
何度もかかってくる電話
呼び出し、面会

自分の家のこともしなければならない

食べ盛りの子供が三人
昭和のサラリーマンのように忙しい旦那さん

仕事どうしよう?
全然集中出来ない・・・

私は、決断しました。

コーチングに関する活動は一旦中止して

交流会のお仕事だけ

毎月1回開催することを目標にする。

と決めました。

色々な試行錯誤の結果、女性限定ランチ交流会に

交流会は当初男女混合でした。
色々なテストの結果
女性限定ランチ交流会が一番集まりが良くて喜んでもらえることが
わかってきました。

  • 毎回アンケートを取り
  • 時間帯・曜日を変えたり
  • プチセミナーをつけてみたり
  • 値段を変えたり
  • 女性限定にしてみたり、しなかったり
  • ランチをつけてみたり
  • スイーツをつけてみたり
  • コーヒーが美味しいことを前面に押し出したり

ゲスト講師をお呼びしてメイク講座も開催しました。

よく
集客ができない
人が集まらない
どうしたらいいのかわからない

と言ってる方がいますが

それは違います

全てはテストです。

やってみて試行錯誤してみたら
どんなのが集めやすいパターンかわかって行きます。

まだ、一年で10数回しか開催してないのに
集まるパターンが見えたのです。

だから誰にでも出来ます。

毎回毎回
集客ライン(何をみて参加してくださったのか?)
何が良かったのか?
今後どのようなものがあれば参加するか

フィードバックをもらい採用して行ったのです。

 

もっと大切なのはマインドセット

やっていくうちにもっと大事なことに気がつきました

私(主催者)のマインドセットです

正直に言いましょう。
当初

交流会と言っても

 

「(自分の)コーチングが売れたらいいなーーー
買ってくれないかなーーーー」

 

と、どこかで思いながら開催していました。

交流会は楽しんでもらえてるけど
誰もコーチングに全然興味を持ってもらえない

何かを改善しなければ?

 

・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・。

 

あーもういいわ

コーチング売ろうとしないでおこう

とにかく参加者さんが繋がって楽しんでいただく会にしよう

そうマインドセットしたんです。

そうしたら、
勝手にコーチングに(私に)興味を持ってくださる方が
増えて行きました。

考えれば当たり前のことですね。

「売ろう。売ろう。」

オーラ全開の方からは、
誰も買いません。

「売れなくても、余裕!!!」

オーラの方は、信頼度高くて
その人から商品て買いたいですもんね。

交流会から数々の出会いと繋がりが生まれました

私の交流会に参加してくださる方は
リピートの方も多いです。

そこで出会った方々は

  • お互いの仕事を購入しあったり
  • コラボセミナーをする方も増えたり
  • また相手に役立つ方を別途紹介したり
  • プライベートで仲良くなったり
  • お客様を紹介したり

そんなのをFBで見かけたり
リアルでお聞きしています。

また交流会にリピート参加してくださる方に、セミナー講師として登壇していただいたり。

マネーセミナーや

美骨セミナーを開催しました。

コーチなので自分が前に出るより

応援が好きなんですよね!

 

集客とは集まるではなく集める

大人数の100人とか200人とか
その集め方はやったことがないので
今の私は知りません。

集客できてないのに
学んだことだけで
集客コンサルなどを名乗っている方は
痛々しいと私は思うのです。
(そんな高額コンサルにひっかからないでね^^)

でも、

人を集めてみる

この行為は

すごく勉強になります。
ビジネスに必要な要素がたくさん経験することが出来ます。

全然集まらない日ももちろんありましたし
すぐ満席になる日もありました。
交流会はある意味

水物です。

いちいち気にしていられないのです。

そして結論ですが

楽しそうなところに人は集まる

集客は集めるのではなく集まる

この指止まれ!!

です。

「ここにめっちゃいいもんあるねんで!」

「見においでよ!」
「やってみない!」

この精神です。

今後の予定

一旦、関西ビジネスサテライトから請け負う交流会主催は終了します。

今後は

  • メルマガ会員のオフ会や
  • セミナー
  • Points of youカードコーチングの体験会
    などの開催に特化して行きます。

リクエストも受け付け中

どうぞこれからも

花井由加と

⇨関西ビジネスサテライト

の応援よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガでイベント発信して行きますので登録してね。登録フォームはこの下にあります。


 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です