親に仕事を認めてもらえない。子供はまだか?LINE@の質問に答えたよ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

「家庭と仕事の両立を応援します!」 ライフコーチの花井由加です。 私のブログに訪問いただきありがとうございます。 このブログでは、私の今までの体験や日々の出来事学びのシェア、コーチング、心理学を通じて思ったこと感じたことを発信してきます。
どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら

親に仕事を認めてもらえない。女性からのLINEです。個人情報のわかる内容など一部削除や編集をしています

Yuka

私はイラストレーターをしているのですが、歌の仕事も時々しています。
でも、母親に露骨に 、イラストの功績は褒められ、
歌を歌っている様子を伝えると やめたほうがいいと言われています。
子どもはまだか?などなど。
もう親は関係なく自分の気持ちをたいせつに生きたいのですが、結果がでてないので
グラグラしています。
33歳の年齢なのもあり、自分が今なにをやりたいのか、どう生きたいのか苦しくなってきました。

Bさん

お母さんとは同居ですか?

Yuka

同居ではありません。
2年前に結婚もしました。結婚するのも自分の中ではすごく頑張って、やってみることができて、相手がとてもいい人間だったので、後悔していません。

結婚だけでもすごく進歩だったのに、次は子ども子どもと、子どもが嫌いな私はとても苦痛ですが、
33歳という年齢で、友人も複数産んでるのと、経験として出産というのをしてもいいかもしれないという思いはあります。

もともと、大学院を修了後、
どうしても絵と歌がやりたくて25歳で上京しました。
様々なオーディションや、養成所に行き、歌を続けていました。
絵は、美大を出ていないので門前払いのところが多かったのですが、デザイン事務所などに自ら出向き、雇ってもらったりしていました。
今は結婚を機に、会社が苦手なのでフリーランスです。
本の挿絵を描いたり、イベントのチラシや看板のロゴなどをやっています。

Bさん

コーチングとは離れるかもしれませんが、
アダルトチルドレンという自覚があります。
そして、過食症やパニック障害も経験があります。
心の勉強をちょこちょこしているのでどうにか今はやれていますが、
現状に満足するよう自分をもっていこうとすると
もっと上を目指したい、もっとやりたいのにくすぶっている
というように感じます。
歌は今は一般の人たち主催のライブのコーラスなどを頼まれて参加する程度です。

自己実現ができてないのが原因かわかりませんが、
子どもとか、家族とか、生活感とか、そういうものに対して嫌悪があります。
ダサいと思ってしまいます。

こんな感じでどうでしょうか
…>_<…わかりづらくてすみません

Bさん

ご夫婦お二人で暮らされているという事ですね。お母さんとは連絡取られてます?

Yuka

主人は子ども希望しています。
母とはよくLINE来ます。
父親の悪口親戚の悪口
私の作品へのダメ出し
が多いです。

結果がともなってないので、このままでいいのだろうかとずっとモヤモヤしていて、
有名になれてない、売れてないという現象にフォーカスしていて自分のワクワクがしぼんでいる現状です
そこを飛び越えたいです

ゲス不倫とか、自由に恋愛しても叩かれたり、会ったこともない人に悪口言われたり、
有名になるとネガティヴな現象も起こるのを見てしまったので、
最近は 、有名になるということに後ろ向きです。

私が子どもが好きじゃないのは、
自己分析ですが、
自分が子どもの頃にいつも我慢してきたこと、いい子をしてきたことに起因すると思っています。

普段見かける子どもが
思いのままに泣いたり叫んだりワガママを言っている様子にイライラします。
それを甘やかして抱きしめてある親を見てもイライラします。

成績優秀で
学級委員長で
絵が上手くて
と、条件付きで愛をもらっていたように感じます。

父親とも距離があり、姉や妹は衝突していましたが、中間子の私は上手く立ち回り、父は私を賢い子だと
特に叱りませんでした。父と妹とはふざけあうスキンシップもしていましたが私はそれを隣で見ているだけでした。

勿論、ありのままで愛されていたということも理解していますし、そこらへんはもう腑に落ちているので両親に感謝の気持ちがあります。

母にはよく
「3人の中であんたが1番賢い。頼りになる。」
「3人の中であんたは1番ブサイクだから覚えておいて」
「あんたは縁の下の力持ち。目立たずみんなの役に立つから素晴らしいのよ」
と言われていたのを記憶しています。

今、ステージに立ったり
私自身にスポットライトが当たる様子をLINEなどで送ると、

母は
「いつからそんな自己主張の激しい子になったの⁈そんな子じゃなかったのに」と言います。

今は主人や、周りの人に容姿も能力も褒めてもらえて、育て直しをしてもらえてるような、愛をたくさんもらっていて、
親の刷り込みのままに生きなくてよかったと思っています!

離婚したい
あんたたちが大学出たら離婚してやる
死ね
などいつも母から聞いていました。

母の不倫相手とも食事をしたこともあります。
母が幸せならなんでもいいやと思っていました。

大人になって、男性と関わる機会が多く、既婚者が妻の悪口を言いながら口説いてくる場面に何度も遭遇しています。
家族って、幻想だな、夫婦ってなんなんだと
猜疑心でいっぱいです。

子どもを愛してるという無条件の愛
に対していささか疑問です。

脱線しながらですみませんが、
今の心境はこんな感じです。

(色々なことが)
親に言えなかったんです。

いろんなことを自分で味わった結果、完全に守られ愛されてる子どもを見ると嫉妬心がわいているのかもしれません。

Bさん

Bさん、LINEありがとうございます。
色々なことを乗り越え、また、様々なことに挑戦しているのが
メッセージから読み取れます。
素晴らしいです。

今後のヒントになるように
お答えさせていただきます。

Yuka

目的は何か?

私たちコーチは

その人の目的と価値観に着目します。

私たちの行動には必ず目的があります。

 

今回は、文章をピックアップしながら、進めていきます。

 

メッセージから読み取れるBさんの目的は

 

・もう親は関係なく自分の気持ちをたいせつに生きたい

・現状に満足するよう、もっと上を目指したい

 

ですね。

しかしながら、Bさんには、もう一つ目的があります。

 

Bさんにとって、耳の痛い話になるかもしれませんが

ここはお伝えします。痛かったらごめんなさい・・。

 

もう一つの目的は

「母親に認めてもらいたい」

ではないかと推測できます。

 

Bさんとお母さんは別居です。お聞きするとかなり距離もあります。

なのに、歌の仕事をしている様子を

わざわざお母さんに送っています。

(私自身にスポットライトが当たる様子をLINEなどで送ると)

この部分です。

 

ダメ出しされるのが、おそらくわかっているけれども送っている。

それには、

母親に自分の全てを受け入れて欲しい、認めて欲しい目的があります。

 

ここで言っておきますが

全ての子供は親の愛情を求めます。

何歳になってもです。

これは、当たり前のことです。

アダルトチルドレンだとBさんはおっしゃってますが

別にいいじゃないですか。

Bさんの、ありのままの感情を認めてあげてください。

 

お母さんの価値観に着目します。

 

お母さんは、理由はわかりませんが

歌を歌う仕事に価値を持っていません。

 

(歌を歌っている様子を伝えると やめたほうがいいと言われています。子供はまだか?)

 

この部分です。

お母さんはお母さんで、生きてきた中で培ってきた、価値観を持っています。

 

  • 歌は娘がやる仕事ではない
  • 結婚したら子供を産むのは当然だ

 

そう思っているようです。

ここで着目していただきたいのは

 

価値観からの行動の否定であって

Bさん(娘)を認めていないわけではないのです。

娘を思うからこそ、否定しているのです。

 

また

お母さんはもしかしたら、夫婦生活に幸福を感じてないかもしれません。

離婚したいと言ったり、夫の悪口を言ったり

お母さんも誰かにわかってほしかったのかもしれません。

 

でも、それは、お母さんの課題です。

Bさんご自身のことを一番大事にしましょう。

 

おすすめのベイビーステップの提案があります。

一つ目

まずは、Bさん自身が感じる、湧き出てくる感情を認めて許しましょう。

感情はネガテイブもポジティブ

全部私たちの味方です。

何を思っても感じてもいいんです。

全部マル○です!

二つ目

そして出来たら、お母さんに言いたいことを、伝えてみましょう。

小さなことでいいので伝えてみましょう。

YOUメッセージではなく

I(アイ・自分)メッセージで伝えてみましょう。

歌を歌ってるのをお母さんに褒めてもらうのは

価値観が違うので今のところ難しいかもしれません。

 

「お母さん(あなた・YOU)に、歌を歌っていることを認めて欲しい」

ではなく

 

例として

「私は(自分・I)歌ってると幸せなの、楽しいの」

「私が(自分・I)すごくやりたい仕事なの」

「私はお母さんに歌を歌っているところを、そんな風に言われるのは悲しい」

 

私はを主語にする。

正直に伝えてみましょう。

何か他のもっと小さな事でもいいです。

今までは言えなかったような事を伝えてみましょう。

 

お母さんの反応は変わらないかもしれないですが、

伝えることが出来た事によって、Bさんの中で変化がおきます。

そして大事な事

 

お母さんの目的もBさんの目的も同じです。

Bさん(娘)の幸せです。

 

経験は必ずBさんの糧になります。

この経験があったからこそ

幸せな家庭を築く

その力になります。

 

過去の解釈を変えて、その過去を使って、今ココと未来を良くしていくのです。

 

経験は最大の師である

カールロジャーズ

 

 

色々乗り越えてきたご自身は凄いんだと認めてください。

人生をめーいっぱい楽しんでください。

 

潜在的な意識が変わると現実が変化していきます。

自分の自分に対する扱いが、そのまま周りの人からの扱いに反映していきます。

 

Bさんの、ますますのご活躍心からお祈りしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

じゃまた!

LINE@お友達登録どんどんお待ちしております。

 


この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

「家庭と仕事の両立を応援します!」 ライフコーチの花井由加です。 私のブログに訪問いただきありがとうございます。 このブログでは、私の今までの体験や日々の出来事学びのシェア、コーチング、心理学を通じて思ったこと感じたことを発信してきます。
どうぞよろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.